更新日:2024/05/30

★令和6年度 第1回施設サービス部会研修会お礼★

令和6年度 第1回 施設サービス部会定例研修会

【日時】令和6年5月27日(月)14:00〜16:30
【場所】山口県セミナーパーク 
【題目】「介護の専門職としての役割と心構え
〜雇用定着に繋がる人材育成を目指して〜」
【講師】介護労働安全センター山口支部 人材育成コンサルタント
看護師・救急救命士・介護支援専門員 廣瀬春美氏 

令和6年度第1回目の研修会は、
介護職員の離職が続き人材不足に悩んでいる…、
新人職員が離職することなく雇用定着に繋げるためにはどう指導したらいいだろうか…など、
職員教育を担うミドルリーダーの方からのお悩みから、
人材育成コンサルタントをされている廣瀬先生にご講義をお願いしました。

今回の研修の目的は
“高齢者を適切に介護する役割を担う介護専門職それぞれが、
自覚と責任を持って役割を果たすために
お互い協働していく上での心構えと雇用定着の資する
人材育成に役立つコミュニケーションスキルを学ぶ”ことでした。


組織におけるミドル層・リーダーの役割を果たすためには
コミュニケーションスキルが必要。
チームがまとまらない原因の80%は
「他人との意思疎通がうまくいかなかった」ことであり、
フォローアップ・サポート体制がなかったことで
職員の不安が募り離職へつながってしまっているとのこと。
コミュケーションをとっているつもりでも、
情報の投げ合いである
“ラリー”になっていないか、
相手のタイミングをみて受け取りやすいようボールを投げる
“キャッチボール”ができているか、
が重要とのことでした。
リーダーに求められる実践力の具体的な要件や
褒め方・叱り方のスキル、
効果的なコミュニケーションのとり方について学ぶことができました。

参集型での研修開催は数年ぶりでしたが、
9事業所14名にご参加いただきました。
実際に顔を合わせてグループワークや交流会を行う事ができ、
意見交換や情報交換、
各所属施設での悩みをお互い打ち明けるよい機会となり、
部会員同士の交流を図ることができたと思います。

施設サービス部会 広報委員

一覧にもどる